ベイクド・フェンネル〜肉・魚料理に最適の付け合せ〜

0

    【ベイクド・フェンネル〜肉・魚料理に最適の付け合せ〜】

    フェンネルレシピ

    日本ではあまりなじみのない「フェンネル」。
    さわやかでほんのり甘い香りが特徴のハーブ。

    葉の部分と白く肥大した茎の部分、それぞれ食べられる。

    今回は白い茎。

    フェンネルの茎

    この部分を調理してみる。

    今回は、肉料理や魚料理に合う!という【ベイクド・フェンネル】をご紹介。


    【材料(2人分)】

    ●バター       大さじ1
    ●フェンネルの茎   1本分(半分に切る)※白い部分のみ。
    ●乾燥タイム     適量
    ●塩・黒こしょう   適量
    ●パルメザンチーズ  適量


    【作り方】

    1.フェンネルの外皮を剥き、縦半分に切り、やわらかくなるまで熱湯でゆでる(15分ほど)。

    フェンネル煮る

    2.キッチンペーパーで茹で上がったフェンネルの水気をとる。
    3.切り口を上に向け、耐熱皿に並べる。バター、塩、こしょう、
    パルメザンチーズ、タイムを乗せ、220度に予熱したオーブンで20分ほど焼く。
    チーズが溶けて、焦げ目がついたらできあがり!

    フェンネルレシピ


    見た目はセロリに似ていたが、食感はカブに似ているかな?
    全体にさわやかな香りが広がる。そして、やはりほのかな甘みも。

    このさわやかさ、確かに肉料理や魚料理の脂っこさや生臭さを
    軽減してくれそうだ。合う。ふむふむ。
    そして、適当ないつものチキン料理がなんとなく格上げされて見える感じ・・・。


    このレシピ、海外サイトで調べると結構似たようなのがでてきた。
    メジャーなのかな?


    今回使用したフェンネルの有機種子はこちら
    今回使用したタイムの有機種子はこちら

    ヨーロッパ有機認証取得
    ハーブ・野菜・スプラウトの有機種子の輸入・販売
    株式会社 グリーンフィールドプロジェクト
     

    JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪

    コメント
    コメントする