マスタードを自分で作ってみる

0

     

    イエローマスタードレシピ

     

    ピリッと辛い&肉料理をさっぱりさせてくれる「マスタード」。

     

    大好きだ。

     

    意外にも自分でカンタン作れる。

     

    これがマスタードの種↓

     

    マスタードの種

     

    これさえ手に入れば作れるのだ。

     

    おいしくなあれ!

     

     

    【材料】

     

    ●マスタードの種  70g

    ●白ワインビネガー  100cc

    ●白ワイン      100cc

    ●塩        小さじ1(お好みで調整)

    ※ターメリックパウダー  大さじ1(お好みで)

     

     

     

    【作り方】

     

    1.ボールにマスタードの種、白ワインビネガー、白ワイン、塩を入れ軽くかき混ぜてラップをし、冷蔵庫で3日保存する。

    2.​3日目に、1をすべてミキサーにかける。硬い場合は、水を足してもOK。

     

    ※ターメリックパウダーを入れるときれいな黄色になります(入れなくてもOK)

    ※お好みでタラゴンなどのハーブを入れても美味。蜂蜜を入れてハニーマスタードにしてもおいしい。

     

     

    イエローマスタードレシピ

     

     

     

     

    発芽直後の野菜は栄養素やフィトケミカルが高くなる場合が多い。

     

    ということで「発芽マスタード」でも作ってみた!

     

    栽培容器で2〜3日で発芽させたものがこちら↓

     

    発芽マスタード

     

    マスタードを栽培すると1週間ほどでこんな感じになる↓

     

    マスタードスプラウト

     

    マスタードのスプラウトはピリッとしていてサラダやサンドイッチのアクセントに。

    今回は、ここまで生長させずに、栽培3日目の発芽直後のマスタードを使用。

     

    発芽マスタード

     

     

    【作り方:発芽マスタードの場合】

     

    1.発芽させたマスタード、その他の材料をミキサーにかけるだけ!

     

    ※発芽させたマスタードは十分やわらかくなっているので、

     ビネガーに3日浸す必要がありません。

     

    発芽マスタード

     

     

    発芽マスタードをトッピングしてみた。

    つぶつぶ感がアクセントになっていて、見た目も食感もおもしろい。

    ※こちらはターメリックパウダー少な目のソフトなイエロー。

     

     

     

    発芽させても、発芽させなくてもとってもカンタンにできる。

    マスタードの種は硬いので、水分を含ませて数日置くか、

    発芽させるなどしてやわらかくなったものをミキサーにかけるっていうのがポイント。

     

    自分で作るから好みの味や硬さにできるのがうれしい。

     

    一番のおすすめは、オーブンで焼いたカリフラワーに

    マスタードをつけて食べるレシピ。

     

    シンプルでおいしい。ビールに合う!!

     

    カリフラワーのマスタードディップ

     

     

    オーガニック認証取得

    発芽するマスタードの種はこちら

     

    栽培容器はこちら

     

     

     

    JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪


    ビールに合う!カンタン!発芽ひよこ豆のロースト

    0

      【ビールに合う!発芽ひよこ豆のロースト】

       

       

      超かんたん!なのにおいしい。

       

      こんなに「豆」がおいしいとは思わなかった。

       

      「豆」はずっと苦手だった。

       

      なんだか食感がぱさぱさ、もそもそしているというか・・・。

       

      でも、これは外はカリ!中はモチ!の不思議食感。

       

      何度もリピートしているレシピ。

       

       

      【材料】

       

      ●発芽ひよこ豆(発芽ひよこ豆の作り方はこちら)   適量

      ●オリーブオイル  適量

      ●塩  適量

       

       

       

      【作り方】

       

      1.フライパンにオリーブオイルを入れて温め、発芽ひよこ豆を5分ほど炒める。

       

      2.発芽ひよこ豆を皿に移し、塩を適量ふってできあがり!

       

      発芽ひよこ豆のロースト

       

      発芽豆は、生で食べられるくらい十分やわらかくなっているので

       

      5分ほど炒めるだけでよいのがうれしい。

       

      最近では、焼き肉をするときにホットプレートで発芽ひよこ豆もローストしている。

       

      この外はカリ!中はモチ!食感は楽しい。

       

      海外ではオーブンでローストしたり、はちみつやカイエンヌペッパーで甘辛くして

       

      食べられたり、クミンやコリアンダーでスパイシーに風味付けしたりと

       

      意外と人気な豆のロースト。

       

      手軽だし、目新しいので、家飲みのおもてなしにもよいかも。

       

       

       

      JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪


      エディブルフラワーを楽しもう

      0

         

        〜オーガニックの種屋さんコラム〜

         

        もっと!エディブルフラワーを楽しもう

         

         

        私たち人類は昔から花を食べることに楽しみを見出していたようです。

         

        一説によると、エディブルフラワーは紀元前のローマ帝国の時代から

         

        愛されていたとのこと。

         

        ちょっとお皿に載せるだけで、いつものお料理をエレガントなおもてなしの一皿に

         

        変身させてくれるエディブルフラワー。

         

        サラダに、スイーツに、ワインにといろいろな食材と楽しめるのがうれしいですね。

         

         

         

        ナスタチウムのサラダ


         

         

        気をつけなければいけないこと。

         

         

        とってもきれいなエディブルフラワーですが、

         

        楽しむうえで気をつけなければいけないこともあります。

         

         

        どの花もとてもきれいですが、すべての花が食べられるわけではありません。

         

        中には毒のある花もあります。

         

         

        必ず「エディブルフラワー(食用花)」として販売されているものを使いましょう。

         

        自分で育てる場合は、花の品種が食用かどうかを確認し、

         

        化学農薬や殺虫剤を使用せずに栽培しましょう。

         

         

        花屋さんで販売されている花は、基本的には観賞用です。

         

        最近では花屋さんでもエディブルフラワーを販売しているようですが、

         

        エディブルフラワーかどうかラベルを確認しましょう。

         

        カレンジュラのエディブルフラワー

         

         

         

        一度にたくさん食べないように。

         

        まずは少量、できれば一品種から始めるのがおすすめです。

         

        人によっては花粉に反応してアレルギーを引き起こす可能性があるからです。

         

        ちょっとずつ試してみるのがおすすめですよ。

         

         

        育てた花の食べごろは?

         

        花の香りは栽培する条件によって変わります。

         

        たくさん収穫する前に、ちょっとだけ花を摘んで味見してみましょう。

         

        収穫に最適なのは、朝露を含んだみずみずしい状態のとき。

         

        そして、満開のときに摘むのがベスト。

         

        まだつぼみの状態のものや開ききった花はお勧めできません。

         

        ナスタチウムの花

         

         

        エディブルフラワーの保存方法は?

         

        収穫した後も新鮮さをキープするために、涼しい所で保存しましょう。

         

        茎の長い花は、水を入れた花瓶に茎をさして保存します。

         

        茎が短い花、例えばボリジやオレンジブロッサムなどは、

         

        使用する前、3〜4時間以内に収穫して軽く湿らせたペーパータオルを敷いた

         

        タッパーやビニール袋に入れ、冷蔵庫で保存します。

         

         

        エディブルフラワーを食べよう。

         

         

        エディブルフラワー

         

         

        エディブルフラワーを安全に食べるために、

         

        そして香りを楽しむために必要なことはとってもシンプル。

         

        まずは「花粉を避ける」こと。

         

        花粉は香りに影響するだけでなく、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

         

        花びらだけを利用するのがおすすめです。

         

        菊やなでしこ、マリーゴールド、そしてバラなどの花びらの

         

        付け根の白い部分は苦い場合が多いので取り除くとベターです。

         

         

         

         

        エディブルフラワーのレシピは無限大。

         

         

        新鮮なエディブルフラワーはサラダを華やかにしてくれます。

         

        ズッキーニの花はフライにぴったり。


        花を刻んでバターに練りこむ、という楽しみ方もあります。

         

        パンに塗って食べると、香りと見た目もワンランクアップの朝食に。

         

        ホットケーキやクレープ、ワッフルに飾ってもきれい。

         

        エディブルフラワーを製氷機で水と一緒に凍らせてドリンクに入れたり、

         

        ゼリーやお茶、ワインに浮かべてもきれいです。

         

        サラダのドレッシングに入れるのもいいですよ。

         

         

        ズッキーニの花のサラダ

         

         

        エディブルフラワーを長く楽しむために。

         

        エディブルフラワーは乾燥させて密閉容器に入れ、

         

        涼しい日の当たらないところで保存できます。

         

        カモミールティー

         

         

        エディブルフラワーの楽しみ方は無限大です。

         

        そして、「花を食べる」という何とも言えない不思議で魅力的な時間。

         

        生活の中に摂り入れてみてはいかがでしょうか。

         

        スプラウトとナスタチウムのサラダ

         

        JUGEMテーマ:花のある暮らし


        スペインのおふくろの味〜発芽青えんどう豆とポテトの煮込み〜

        0

          【スペインのおふくろの味〜発芽青えんどう豆とポテトの煮込み】

           

          スペインの肉じゃが、という感じか?

           

          スペイン料理

           

          「青えんどう豆」を発芽させてみた↓。

           

          発芽青えんどう豆

           

          青えんどう豆・・・いわゆる豆苗の種というか、グリーンピースの仲間ですね。

           

          ヨーロッパでは発芽豆シリーズはこんなにも普及してるんです!

           

          発芽豆がずらり

           

          イギリスのスーパーにずらりと並んだ発芽豆ミックスパック。

           

          発芽させた豆は生でも食べられるし、ボリュームあるしで

          パワーサラダにぴったり。

          お肉の代わりにスープや煮込み料理にしてもいいらしい。

           

          育てるスーパーフード、生きたスーパーフードとして注目アイテム。

           

           

           

          ということで、発芽青えんどう豆で作ってみた。

           

           

          【スペインのおふくろの味〜発芽青えんどう豆とポテトの煮込み】

           

           

          【材料(3〜4人分)】

          ●発芽青えんどう豆   1カップ ※発芽豆の栽培方法はこちら

          ●じゃがいも      3〜4個 (皮を剥き1cmほどの厚さに切る)

          ●ニンニク       2〜3かけ(みじん切り)

          ●玉ねぎ        1/2個(ざく切り)

          ●ローレル       1枚

          ●チキンストック    300ml

          ●オリーブオイル    適量

          ●塩          適量

          ●ゆで卵        2個 (固ゆで)

          ●シーフードミックス  1/2カップ 

          ●イタリアンパセリ   2〜3枝 (半分みじん切り、半分飾り用に)
           

           

           

          【作り方】

          1.鍋にオリーブオイルを入れて温め、ニンニク、玉ねぎ、ローレルを入れ、玉ねぎが半透明になるまで弱火で炒める。

           

          2.発芽青えんどう豆、ジャガイモ、チキンストック、みじん切りにしたイタリアンパセリ、シーフードミックスを入れて弱火で煮込む。

           

          3.ジャガイモが柔らかくなったら好みで塩で味を調え、皿に盛り、切ったゆで卵をのせてイタリアンパセリを飾ればできあがり!

           

          スペイン風肉じゃが

           

          これはむちゃくちゃおいしいです!!

           

          子供も大好き!

           

          しかも、細かいことを気にせずにどど〜んと調理できるからラク。

           

          そしてやさしい味。魚介の味がじゃがいもや豆にしみこんでうまい。

           

           

           

          ※お好みでシーフードミックスの代わりにエビやアサリ、タラなどの白身魚などの魚介類でもOK。

          ※ホワイトアスパラガスも合います。

          ※とろっとろになるまで煮込んでもおいしいです。

           

           

           

          ​JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪


          花はおいしい!ナスタチウムとスプラウトのサラダ

          0

            【ナスタチウムとスプラウトのサラダ】

             

             

            スプラウトとナスタチウムのサラダ

             

             

            「花を食べる」という非日常的行為。

            なんだかおもしろいし、ワクワクする。特別感、満載。

            女子力が上がり、食べた後、美しくなれる気がする。

             

            実際、ナスタチウムの【ビタミンC】の含有量は、100g中130mg(花部分)。
            ビタミンCの一日の推奨摂取量は成人で100mg。
            むむむ・・・、かなりすごいです。

            さらに!
            抗炎症効果や血流改善効果、また強力な抗酸化作用で知られる
            【ルテイン】の含有量は100g中45mg!
            ナスタチウムは、ルテインの含有量が食用植物の中で一番多いとされています。

             

            ビタミンCや抗酸化力のルテインなんかがすごいんだから

            「食べた後、美しくなれる」は、本当かも?!

             

             

            ということで、レシピ。

             

             

            【ナスタチウムとスプラウトのサラダ】

            【材料(2〜3人分)】

             

            ドレッシング
            ●オリーブオイル   50ml
            ●ガーリック  1かけ(みじん切り)
            ●粒マスタード   小さじ1
            ●しお・黒こしょう  適量

             

            ●ナスタチウムの花 2〜3つ(お好みの量)

            ●スプラウト    一掴み(ブロッコリースプラウトや貝割れなど)

            ●ベビーリーフ   一掴み

            ●くるみ     3〜4粒

            ●カッテージチーズ 大さじ1(お好みの量)

            ※ナスタチウムの葉  お好みで

            【作り方】

             

            1.フライパンにオリーブオイルとガーリックを入れ、弱火でガーリックがほんのり茶色に色づくまで(5〜7分)炒める。

            2.火を止め、粒マスタード、塩・黒こしょうを加え軽く混ぜ合わせて冷ます。

            3.スプラウト、ベビーリーフをよく洗って水を切る。ナスタチウムの花は丁寧にやさしく洗って水を切る。

            4.スプラウトとベビーリーフをボールに入れ、冷ましたドレッシングと和える。

            5.皿に移し、花を飾り、クルミとカッテージチーズをまんべんなく散らせばできあがり!

             

            ナスタチウムのサラダ

             

            グリーンフィールドプロジェクトのスタッフ試食感想:

             

            Oさん「これはおいしい。見た目もきれいだし、いい!」

            Mさん「ナスタチウムの葉っぱもちょっとヌメリ気があり、アクセントになってる」

             

            ナスタチウムの花

             

            これが、会社の庭のナスタチウム。

             

            スタッフが種を丁寧にまいた後、クワで土を耕してぐっちゃぐちゃになってしまった

            にもかかわらず、なんだか勝手に咲いてくれたもの。強いね、ナスタチウム。

            菜園ビギナー向けだね。

             

            葉は小さい方がおいしい。大きいとかたい。

             

            JUGEMテーマ:花のある暮らし


            エッグ・アンド・クレスサンドイッチ

            0
              【エッグ・アンド・クレスサンドイッチ】

              イギリスのアフタヌーン・ティーのお供の定番らしい。



              【クレス】はこんな感じ↓

              ピリッと辛みがあるのが特徴。爽やかです。
              見た目も涼しげ〜。貴婦人風。



              作り方は超カンタン。

              マヨベースの卵サンドにクレスをパラパラ↓



              挟んだらできあがりです!



              見た目も涼やか。

              カイワレに比べ細く、
              やわらかな歯ごたえがレディーっぽいというか
              イギリスっぽい(?)というか、
              「アフタヌーン・ティー」のお供っぽいというか。

              ちょこっとつまめる程度に小さくカットして、
              家事や育児の疲れを優雅な気分で癒したい。



              今回使ったクレスはこちら↓

              ガーデンクレスの有機の種
              スプラウト栽培容器「キッチンファーム」

              ヨーロッパ有機認証取得
              ハーブ・野菜・スプラウトの有機種子の輸入・販売
              株式会社 グリーンフィールドプロジェクト


              JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪

              パクチーとサバフィレのスパイシー焼き

              0

                【パクチーとサバフィレのスパイシー焼き】

                パクチーレシピ

                パクチーを使った料理と言えば、ベトナムのフォーとか、メキシコのタコス、
                手軽なところではサラダ、というレシピが多い。

                それ以外で何かないかなあ・・・と思って調べてみたら、あったのでご紹介。

                北アフリカから中東あたりの料理らしい。


                【パクチーとサバフィレのスパイシー焼き】


                【材料(2人分)】

                ●塩サバ       2枚
                ●オリーブオイル   大さじ1と2分の1。
                ●レモン果汁     2分の1個分
                ●ニンニク      1かけ(薄切り)
                ●タマネギ      4分の1(薄切り)
                ●チリペッパー    適量
                ●クミンパウダー   適量
                ●クスクス      70g
                ●野菜コンソメ    250ml
                ●コリアンダー(生葉)大さじ2(ざく切り)+飾り用に少々

                ※お好みでニンジンやブロッコリー、パプリカなどの野菜を少々

                 

                【作り方】

                1.塩サバに大さじ2分の1のオリーブオイル、レモン果汁、チリペッパー、
                  ニンニクを絡ませ、5分ほどつけておく。



                2.野菜コンソメを温め、お好みで一口大に切ったニンジン、ブロッコリーなどの
                  野菜をやわらかくなるまで煮込み、クスクスを入れて火を止める。



                3.熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、タマネギを炒める。
                  香りが出てきたら、1.のサバフィレをレモン果汁ごと入れる。
                  刻んだコリアンダー、クミンパウダーを入れ、サバに火が通るまで
                  片面3〜4分ずつ焼く。





                4.皿にクスクスをよそい、サバフィレを乗せ、パクチーを飾れば
                  できあがり!



                スパイシーなサバが、クスクスと合う!新発見です!!

                元々は「ハリッサ・ペースト」を使ったレシピ。

                「ハリッサ・ペースト」とは、北アフリカから中東料理によく使われる
                チリペースト。オリーブオイルにチリ、ニンニク、クミン、
                コリアンダーなどがつけこまれたペーストらしい。地方によって微妙に
                味が違い、トマトやバラの花びらなどを入れる地域もあるとか。


                今回は、ハリッサ・ペーストが入手できなかったので、チリペッパーと
                ニンニク、クミンパウダーで代用してみた。

                サバではなく、クスクスの方をスパイシーな味付けにして、サバは単に
                焼くだけ、というレシピだったが、なんとなくサバをスパイシーに
                してみたかったので(臭み消し的な意味も込めて)こうしてみた。

                今まで、家で作るパクチーレシピもマンネリだったし、
                サバも塩焼きとか味噌煮ぐらいしか作ったことがなかったので、
                このレシピ、今後すごく助かりそう!

                ※クスクスが無い場合は、コンソメ風味のご飯とか、パスタやマカロニでも
                 合いそうです。



                今回使用したコリアンダーの有機のタネはこちら

                ヨーロッパ有機認証取得
                ハーブ・野菜・スプラウトの有機種子の輸入・販売
                株式会社 グリーンフィールドプロジェクト
                 

                JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪

                ベイクド・フェンネル〜肉・魚料理に最適の付け合せ〜

                0

                  【ベイクド・フェンネル〜肉・魚料理に最適の付け合せ〜】

                  フェンネルレシピ

                  日本ではあまりなじみのない「フェンネル」。
                  さわやかでほんのり甘い香りが特徴のハーブ。

                  葉の部分と白く肥大した茎の部分、それぞれ食べられる。

                  今回は白い茎。

                  フェンネルの茎

                  この部分を調理してみる。

                  今回は、肉料理や魚料理に合う!という【ベイクド・フェンネル】をご紹介。


                  【材料(2人分)】

                  ●バター       大さじ1
                  ●フェンネルの茎   1本分(半分に切る)※白い部分のみ。
                  ●乾燥タイム     適量
                  ●塩・黒こしょう   適量
                  ●パルメザンチーズ  適量


                  【作り方】

                  1.フェンネルの外皮を剥き、縦半分に切り、やわらかくなるまで熱湯でゆでる(15分ほど)。

                  フェンネル煮る

                  2.キッチンペーパーで茹で上がったフェンネルの水気をとる。
                  3.切り口を上に向け、耐熱皿に並べる。バター、塩、こしょう、
                  パルメザンチーズ、タイムを乗せ、220度に予熱したオーブンで20分ほど焼く。
                  チーズが溶けて、焦げ目がついたらできあがり!

                  フェンネルレシピ


                  見た目はセロリに似ていたが、食感はカブに似ているかな?
                  全体にさわやかな香りが広がる。そして、やはりほのかな甘みも。

                  このさわやかさ、確かに肉料理や魚料理の脂っこさや生臭さを
                  軽減してくれそうだ。合う。ふむふむ。
                  そして、適当ないつものチキン料理がなんとなく格上げされて見える感じ・・・。


                  このレシピ、海外サイトで調べると結構似たようなのがでてきた。
                  メジャーなのかな?


                  今回使用したフェンネルの有機種子はこちら
                  今回使用したタイムの有機種子はこちら

                  ヨーロッパ有機認証取得
                  ハーブ・野菜・スプラウトの有機種子の輸入・販売
                  株式会社 グリーンフィールドプロジェクト
                   

                  JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪

                  NYリッツカールトンの本格ヴィシソワーズ〜リーキ(ポワロー・ポロねぎ)〜

                  0

                    【NYリッツカールトンの本格ヴィシソワーズ】

                    ヴィシソワーズ1

                    日本でも数年前から流行り始めた「ヴィシソワーズ」。

                    ジャガイモとリーキ(ポワロー、ポロねぎ)の冷製スープだ。

                    このヴィシソワーズ、フランス人が発明したレシピだとか、
                    ほんとはアメリカ人の発明だとか、
                    料理歴史家の間では議論の的となっているらしい。

                    今のところ有力な説は、ニューヨークのリッツ・カールトンホテルで
                    フランス料理のシェフをつとめていたルイ・ディア氏が発明したという説。

                    ルイ・ディア氏は、

                    「幼いころ、お母さんやおばあちゃんに作ってもらった
                    ジャガイモとリーキのスープに、冷たい牛乳を入れて
                    暑い夏の間、お兄ちゃんとよく飲んでいた。
                    あのうまさを思い出し、リッツの常連客に再現して出してみたんだ」

                    と、1950年、アメリカの雑誌「ニューヨークタイムズ」で語っている。

                    最初は夏の間だけ、ヴィシソワーズを出していたのだが、
                    「秋も、冬も、一年中出してくれ!」と、瞬く間に人気メニューになり、
                    今では世界中に広まっちゃった、という話。

                    そして、今や日本のスーパーでもヴィシソワーズのインスタントが売られるほどに。

                    ということで、ルイ・ディア氏がニューヨークタイムズ誌の中で教えてくれた
                    これが、ザ!オリジナル!のヴィシソワーズのレシピを発見したのでご紹介!


                    【材料(4人分)】

                    ●無塩バター    大さじ2
                    ●リーキ      2本(薄切り)※白い部分と明るい緑色の部分のみ。
                    ●タマネギ     4分の1個(薄切り)
                    ●ジャガイモ    2個(皮を剥いて薄切り)
                    ●チキンストックまたは水  2カップ半
                    ●塩・黒こしょう   適量
                    ●牛乳       1カップ半
                    ●生クリーム    100〜200cc
                    (●チャイブまたは小ねぎ  少々 ※飾り用)


                    【作り方】

                    1.鍋にバターを中火で熱し、リーキ、タマネギを入れ
                      10分ほどやわらかくなるまで混ぜながら火を通す。

                    ヴィシソワーズ02

                    2.ジャガイモ、チキンストック(または水)、塩を入れ一旦沸騰させる。
                      沸騰したら弱火にし、ジャガイモがやわらかくなるまで30分ほど煮る。
                    3.全体にやわらかくなったら火を止め、黒こしょうを入れ冷ます。
                      冷めたらミキサーでピューレ状にする。

                    ヴィシソワーズ03

                    4.3.を鍋に戻し、牛乳、生クリームを入れ、全体が混ざったら火を止めて
                      冷蔵庫で4時間ほど冷やす。
                    5.冷たいスープにお好みでチャイブ(または小ねぎ)を散らし、できあがり!

                    ヴィシソワーズ04

                    濃厚で食べごたえがあるのだが、意外とさっぱりしていてうまい!
                    キンキンに冷やすとさらによし!


                    ★オリジナルレシピでは、牛乳、生クリームのほかに、
                    「ハーフ&ハーフ(牛乳と生クリームの混合のようなちょっとライトなクリーム)」
                    を入れるのだが、日本ではなかなか手に入らないので、
                    牛乳と生クリームの量をその分、増量してみた。

                    ★生クリーム、濃いのが苦手な方は少なめで良いと思います。

                    ★リーキ(ポワロー、ポロねぎ)は日本では手に入りにくいです。
                     こちら↓
                    リーキ1

                    切るとこんな感じ↓

                    リーキ2

                    日本のネギより太く大きい。
                    日本のネギのような臭みがなく、火を通すと甘みが増す。

                    食感やまろやかさを考えると、ネギ、というより
                    白菜に近いものを感じるのは私だけだろうか?
                    その証拠に、リーキはクリームや牛乳を使ったレシピが多い。
                    (クリームグラタンとか、このヴィシソワーズとか)
                    白菜も、クリーム煮とかあるしなあ。でも、白菜ほど水分が多くないからなあ。

                    このレシピでリーキの代用するなら、白菜のやわらかいところか?

                    ううむ・・・今度試してみます。

                     
                    いずれにせよ、濃厚なのにさっぱりとして、
                    キリッと冷えたスープの斬新さ。
                    まさに、ニューヨークのリッツ・カールトンで過ごす夏の夜
                    が目に浮かびそうな、ちょっと贅沢な味わいでした!
                     

                    今回使用したリーキの有機種子はこちら
                    今回使用したチャイブの有機種子はこちら

                    ヨーロッパ有機認証取得
                    ハーブ・野菜・スプラウトの有機種子の輸入・販売
                    株式会社 グリーンフィールドプロジェクト
                     



                    JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪

                    ドイツの定番〜「パーフェクトな」赤キャベツの付け合せ

                    0

                      【ドイツの定番「パーフェクトな」赤キャベツの付け合せ】

                      パーフェクトな赤キャベツのドイツ風付け合せ

                      赤キャベツ。
                      スーパーで売ってるが、高い。
                      一個500円以上していた。
                      気のせいだろうか??うちの近所だけ高いのか??

                      とにかく、畑で収穫できたのでこれ幸いとばかりに調理だ!

                      海外のサイトを色々調べたら
                      赤キャベツを使ったドイツ風の肉料理の付け合せのレシピが出てきた。
                      しかも、「パーフェクトな」というだけあって、
                      色々なサイトから「ベストな切り方」「ベストな炒め方」「ベストな調理時間」
                      などなどの情報を集め、自ら試行錯誤してたどり着いた究極のレシピらしい。

                      むむむ!!!

                      【材料(4人分)】



                      ●バター         50g(食べるときにかける分は除く)
                      ●紫タマネギ       1個(みじん切り)※なければ普通のタマネギでもOK
                      ★シナモンスティック   1本
                      ★クローブ(粒)     小さじ1
                      ★ナツメグ        小さじ1
                      ●赤キャベツ       1個 (不揃いにザクザク切る)
                      ●リンゴ         1個(みじん切り)
                      ●黒砂糖         大さじ2〜3
                      ●バルサミコ酢      150ml
                      ●クランベリーソース   大さじ2 
                                                           ※なければブルーベリージャムやイチゴジャムでもOK


                      【作り方】

                      1.鍋にバターを中火で熱し、紫タマネギを炒める(5分くらい)。
                        タマネギが少しやわらかくなったら、香辛料(★)を加え1分ほどかき混ぜる。

                      2.赤キャベツを加え、バターが全体に絡まり、
                            照りが出てやわらかくなるまで炒める。
                        リンゴ、砂糖、バルサミコ酢を加え、弱火にし、
                        鍋にくっつかないように時々かき混ぜながら炒め煮る(45分くらい)。



                      ★ポイント1:「パーフェクトな」赤キャベツの切り方は「ざく切り」!
                             そのほうが歯ごたえを楽しめるそうです。ふむふむ・・・。

                        

                      ★ポイント2:
                                  弱火にするのは、赤キャベツに照りが出てある程度やわらかくなってから!
                          焦らないで!かたいうちにバルサミコ酢などを加えて弱火にすると、
                            水分が飛びすぎて汁気が無くなってしまいます。


                      3.クランベリーソースを入れ、さらに炒め(25分くらい)、
                        全体がやわらかくなったらできあがり!



                      ★ポイント3:
                               食べる直前にバター(材料外)をちょっと絡ませてお皿に乗せましょう!

                      赤キャベツの付け合せは、ほんのり甘酸っぱいのが特徴。
                      肉料理に合います。
                      今回は、豚肉を焼いて粒マスタード、塩で味付けしたシンプルなものと合わせた。

                      超うまし!!
                      初めて作ったし、初めて食べたけど、いいねえ!

                      ドイツではクリスマスに食べるらしい。

                      このレシピのサイトの方、さんざんいろんなところからレシピを調べ、
                      ベーコンやニンニク、ビーフストックを入れるバージョンとか、
                      フェンネルシードやジュニパーベリーなどの香辛料を入れたり、
                      バルサミコ酢ではなく、サイダービネガーや赤ワイン、
                      カシス飲料を使ったり、ポートワインを使ったりとか、
                      とにかく色々試してこのレシピに行きついたらしい。

                      実は私も、3回くらいちょっと違うバージョンで作ってみたのだが、
                      やはりこれが一番、まさに「パーフェクト」でした!

                      ぜひお試しを〜!


                      今回使用した赤キャベツの有機種子はこちら

                      ヨーロッパ有機認証取得
                      ハーブ・野菜・スプラウトの有機種子の輸入・販売
                      株式会社 グリーンフィールドプロジェクト
                       



                      JUGEMテーマ:簡単お手軽レ・シ・ピ♪

                      | 1/5PAGES | >>

                      search this site.

                      グリーンフィールドプロジェクト会社リンクgreenfield project グリーンフィールドプロジェクトショップリンク

                      グリーンフィールドプロジェクトのフェイスブック   グリーンフィールドプロジェクトのツイッター


                      メディア掲載

                      はじめての西洋野菜の手帖
                      はじめての西洋野菜の手帖 (JUGEMレビュー »)

                      このサイトのレシピが掲載されています!

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM